人が「悩む」ということは?

日々の生活で、悩んだら・迷ったら・困ったら・そして疲れたら、「生き方」を変えるチャンスです!!

人が「悩む」ということは??

人生に、悩みはつきものです。
ところで、私たちが「悩む」ということは、いったいどのようなことなのでしょうか。
悩みには、健康に関する悩みや、人間関係、子育て教育の悩み、貧困などお金に関する悩みや夫婦や近親者とのトラブル等、悩みに関することがらは数えあげたらキリがありません。
「人の数だけ、悩みがある」と言われますが、全くその通りです。
そして、「悩みの本質」つまり「悩みの中心」には、「悩むことがら」ではなく、本人の「こだわりやとらわれ感、思い込みや決めつける」といった「思いや感情」があります。

さらに、ご存じないかもしれませんが、悩んでいる人のほとんどは「こうすれば悩みが解決する」とか「悩まなくて済む」という、悩みを解決する「答え」を自ら持っています。

にもかかわらず、悩みが解決できないのは「あの時、ああしていたら、こうしていればこんなわけではなかった」とか「こんなはずではない」と、何かにこだわり、とらわれ続け、そして、勝手に思い込んでは決めつける、という「思いや感情」が邪魔しているからです。

ですから、私たちが悩んでいる時というのは、後悔の念や未練の感情をはじめ、様々な不全感が伴う不快でマイナスの「思いや感情」に支配され、それが払拭できずに悶々とした状態の時であり、いつまでも悩みが解決できないという「悪循環」の中で苦しむことになります。

そのため、悩んでいる人は他人から「こうしたら」と解決法を提案されると、自分で考えている解決するための答えとほぼ同じだから「そんなこと、言われなくても解っている!!」とか、「それができれば苦労しない!!」と反発します。

では、解決するための答えを持っていながら、何故、解決できないのか、又は解決しないのか、要因はいくつか考えられます。
まず、過去の失敗や挫折などのトラウマのせいで、「どうせ、今さら、私なんか」と自分に対して「期待や可能性」が持てない、いわゆる自己肯定観の低さであったり、口では「このままではいけない、何とかしなければならない」と言っていながら、ほんとうは「したくない」とか「やりたくない」という「心の目的」が先にあるため、自分の世界でしか通用しない、とってつけたような言い訳をしたり、論理をすり替えて問題解決の「先送りや先延ばし」をしています。

また、悩む人は、ものごとや出来事に対する「考え方や見方、捉え方や受け止め方、さらに、感じ方や思い方」と言った観念上の問題、つまり、「解釈の仕方」に問題があります。
私たちの「生き方」の方向性を決めるのは、「何があったかではなく、どのように解釈するか(したか)」という解釈の仕方にかかっています。

ところで、何故、解釈の仕方が重要なのかは、私たちは「観念行動の法則」に則り、「観念」に基づいて行動しているからです。
「観念」とは、ものごとや出来事に対して抱く感情のことで、「いいなぁ」と「快く、ポジティブな感情」を抱く解釈をすれば、自ずと積極的行動をとり、反対に「イヤだなぁ」と「不快な思いやネガティブな感情」を抱く解釈をすれば、消極的行動をとることになります。
悩みが解決できない人は、ものごとや出来事に対する解釈が「不快な思いやネガティブな感情」に偏っています。

人生に、悩みはつきものです。
生きていく上で避けることができない「悩み」を速やかに解決するには、このような「不快な思いやネガティブな感情」を持つ「悩む思考回路」を「悩まない思考回路」に変えなければなりません。

日々の生活で悩んだら、迷ったら、困ったら、そして疲れたら、その時が「思考回路」を変えるチャンスです。
MHPCは、「悩まない思考回路」を身につけるための具体的支援しています。「思考回路」は誰でも簡単に変えることができます。
ただ「あなた」は、今までこのようなことが知らないばかりに、不幸にも悩みが解決できないでつらい思いをしていたのです。

ちなみに、「悩まない思考回路」を身につけると、最強のストレスマネジメントと言われる「ストレスに打ち克ち、逆境を乗り越え、どんな困難にもへこたれない、元気、しなやか、折れない心」を私たちに与えてくれます。

この意味、お解りでしょうか。

 MHPCでは、その意味を解りやすく説明して、問題解決を支援します。

困った時は、お互いさまです。
一人で悩まず、まずご相談下さい。専門スタッフが親切に対応します。
相談は無料で、独自の相談システム「電話&メール相談」でお受け致します。

MHPC「電話&メール相談」

◎来所の煩わしさを解消  ◎遠隔地の相談者に好評 ◎面接が苦手な相談者に最適 
◎匿名希望の相談が可能  ◎いつでも気軽に相談可能  ◎タイムリーに問題解決

MHPC「電話&メール」相談システムは、本来、相談者のニーズに広く応える目的で開設され、近年、新型コロナウィルスの渦中では「三密」や「濃厚接触」を避け、「ソーシャルディスタンス」を保ちながら「電話&メール」で問題解決を図る画期的な「リモート相談システム」として利用されています。

Tel : 024-943-1678    Mail : info@mhpc.jp

お問い合わせフォーム

MHPCについて悩み相談講座・セミナー書籍についてその他

ところで、あなたは何にお困りですか?

↑クリックで移動します。

〒963-8813福島県郡山市芳賀2丁目21-10

MHPCマインドヘルスパーソナリティセンター
〒963-8813 福島県郡山市芳賀2丁目21-10
TEL 024-943-1678 FAX 024-943-1686

Copyright(C) 2016  MHPC All Rights Reserved

グループリンク