克服事例、続々報告!!不登校ひきこもりを克服する「親の勉強会」好評開催中

子どもにとって「絶対的影響力」をもつ親の対応が早期解決を招きます。動けない子どもに代わって、まず親が率先して対処法を勉強しましょう。勉強会参加について、子どもに報告することはありません。親が一途に勉強する姿は、子どもにとって「自分の問題」を親が共有している姿であり、何より安心と信頼感を与えます。現在、仮にギクシャクした親子関係であれ、それは今日までのこと。何も心配はいりません。

子どもの不登校やひきこもりは親の対応次第で容易に解決できます。

子どもも親も「このままではいけない、何とかしなければ」と思いながら何故、今まで解決できなかったのか。その原因はどこにあったのでしょうか。それは、克服するための重要なポイントである、子どもが求める「何とか」の意味や目的が知らなかったのです。

そればかりか、子ども自身においても、自分が求める「何とか」の意味や目的があいまいなところに克服できない大きな理由があるのです。

「勉強会では、不登校やひきこもりの実態を徹底解明、基本的対処法に加え、個々の状況に合わせ具体的対処法を学びます。「こんなことが・・だから辛かったんだ!!」と思えるような「目から鱗」の対処法を数多く提案します。

不登校、ひきこもりの若者の自立支援歴44年の経験と実績。寄宿制フリースクールで「彼ら」との共同生活31年の経験をもつ「矢吹孝志」が親切に克服ポイントを教えます。

「勉強会」の概要は次のとおり。[形態]1泊2日の勉強会・親の交流会[定員]各回3~5名/家族単位の少数開催[会場]MHPC系列「NPO法人うつみね健康学園・研修、宿泊棟

開催日をはじめ。その他お問合わせや参加申し込みについては、024-944-0750またはinfo@mhpc.jpまでお気軽にご連絡ください。

info@mhpc.jpまでお気軽に

イヤだねぇ「不登校」や「ひきこもり」という言葉!!

そういう私も仕事柄、「不登校」や「ひきこもり」という言葉を仕方なく使っていますが本意ではありません。まして、当人にしてみれば「一体、何?それ?」っていう気持ちを持たれていると思います。人には性格や気質、好みや価値観、感性などそれぞれ皆、違います。それにより当然、「生き方」も違ってきます。

いわゆる「不登校やひきこもり」で現在、悩まれている人のほとんどは、原因や背景はどうあれ、自らの生き方に対する「生きにくさ」や人との「関わりづらさ」といった思いを抱いています。つまり、単に「悩みを抱えている人」というのが正しい呼称です。

もしかしたら、当人において「不登校やひきこもり」という言葉に対する世間のマイナスイメージが「自己評価」に影響を与え、自己肯定観の確立にブレーキをかけている場合があります。世間は世間。人は人。自分は自分。まず、この位置に心を立たせましょう

人生に悩みはつきものです。そして悩む人は「現状を変えて、もっとより良く」を願っているはずです。つまり、成長を求めて悩むわけですが、いつの間にか「何て自分はダメなんだろう」と苦しみが伴う悩みにしてしまいます。そうなるポイントは「悩み方」にあります。自ら成長させる「悩み方」を身につけ、人生、楽しく生きましょう。

最近の事件に対し、「ひきこもりは危ない!!」「引きこもり気味の男性が殺人!!」・・・あたかも「引きこもり」イコール「犯罪」と結びつけるようなマスコミ報道が目白押しですが、当人にとっては、甚だ迷惑千万!!(実は私も不登校、ひきこもり経験者)本気で憤りを感じます。

「きっと、あなたは大丈夫!!」人が悩むという「原点」つまり、自己成長につながる「悩み方」を一緒に勉強していきませんか。

誰でも簡単にそのポイントを理解することができます。お気軽にご連絡ください。

「人生・生き方塾」好評開塾中!!

人生、いろんな生き方があっていい!!
しかし、日々の生活で「生きにくさ」や人との「関わりづらさ」を持っては行けません。

人生は一度。生き方は今すぐ変えられる!!そして自分はいつでも変われる!!

幸福や不幸、健康や病気、成功や失敗、金持ちや貧乏・・すべて「生き方」にかかっているのです。 

驚きの自己改革!!「自信回復」と「自己実現」を達成!!

一人で悩まず相談ください!!