06.レジリエンス「折れない心」とは。

❖悩みやストレスに対処する、レジリエンス「折れない心」とは。

普段、聞きなれない「レジリエンス」という言葉の意味は、失敗や挫折、他人とのトラ ブルをはじめ、天変地異(てんぺんちい)による災害など、あらゆる「外力(がいりょく)」によっ て生じる心の歪(ゆが)みである「ストレス」に対する「精神的回復力や復元力、耐久力や反発力、さらに抵抗力」と言われています。

現在、レジリエンスという概念(がいねん)は、精神世界に限らず、さまざまな分野で広く 活用されています。
精神世界におけるレジリエンスとは、ストレスに打ち克ち、逆境を乗り越え、どんな困 難にもへこたれない、元気でしなやか、「折れない心」と言われています。

そして、「レジリエンス」には、1心が折れた状況を克服して、精神的に回復すること と、2心が折れる前に事前に予防するとか、対処することで心が折れない状況を維持する という、ふたつの側面(考え方)があります。

現在、レジリエンスという概念は、社会のさまざまな分野で活かされています。 例えば、企業が倒産を避けるために、日頃から市場調査を行い、新商品を開発したり、市 場の動向を見定(みさだ)めながら、販売促進を図り、売り上げを伸ばそうとする行為や、社 員教育や研修を行い、社員のモチベーションを高めることで、生産性を向上させるなど多 方面に渡り、広くレジリエンスの概念を実践しています。

また、私たちが日々の生活で病気にならないために、食事に気を配り、散歩や運動で体 力をつけたり、趣味やレジャーを楽しみ、心身のリフレッシュを図るなどして「健康管理」 に努めることや車を運転する時の安全確認をはじめ、そのほか、「今日は雨模様(あめもよう) だから、傘を持って出かけよう」など、先々を予測して「安心や安全」を得るために、事前に対処することもレジリエンスの実践にほかなりません。

レジリエンスの概念の中で最も重要な「心が折れた状況を克服して、精神的に回復する」 には、①「すべての出来事やものごとは、起こるべくして起こった、成るべくして成った 当然の結果である」と解釈する「当然観」によって、状況をあるがまま受け入れ、心の落 ち込みをストップしなければならないということです。

同時に、②「ピンチはチャンス」と解釈する「両面観」をはたらかせ、プラスの意味や 価値を見出し、行動することで停滞した状況を変えていくという考え方を持つことが、「心 が折れない悩み方」を身につける「絶対条件」になります。

さらに、レジリエンスのもうひとつの側面である、心が折れる前に事前に予防するとか、 対処することで、心が折れない状況を維持するための方策として、日々の生活において、自己肯定観を高めて①「自信」をつけるとか、②「冷静な思考」や③「柔軟な思考」をは じめ、④「楽観的な思考」を身につけたり、さらに、人付き合いをはじめ、人間としての 基本的な力である⑤「人間力および人間関係力」や、問題の本質と正面から向き合って解 決する⑥「問題解決力」とは何か、を身につけます。

「究極(きゅうきょく)の悩み方」である「心が折れない悩み方」は、当然観や両面観を持 つことに加え、次の①~⑥の六つの力で「悩まない思考回路」をつくることで身につける ことができます。

❖悩みやストレスに対処する、レジリエンス「折れない心」とは。

普段、聞きなれない「レジリエンス」という言葉の意味は、失敗や挫折、他人とのトラ ブルをはじめ、天変地異(てんぺんちい)による災害など、あらゆる「外力(がいりょく)」によっ て生じる心の歪(ゆが)みである「ストレス」に対する「精神的回復力や復元力、耐久力や反発力、さらに抵抗力」と言われています。

現在、レジリエンスという概念(がいねん)は、精神世界に限らず、さまざまな分野で広く 活用されています。
精神世界におけるレジリエンスとは、ストレスに打ち克ち、逆境を乗り越え、どんな困 難にもへこたれない、元気でしなやか、「折れない心」と言われています。

そして、「レジリエンス」には、1心が折れた状況を克服して、精神的に回復すること と、2心が折れる前に事前に予防するとか、対処することで心が折れない状況を維持する という、ふたつの側面(考え方)があります。

現在、レジリエンスという概念は、社会のさまざまな分野で活かされています。 例えば、企業が倒産を避けるために、日頃から市場調査を行い、新商品を開発したり、市 場の動向を見定(みさだ)めながら、販売促進を図り、売り上げを伸ばそうとする行為や、社 員教育や研修を行い、社員のモチベーションを高めることで、生産性を向上させるなど多 方面に渡り、広くレジリエンスの概念を実践しています。

また、私たちが日々の生活で病気にならないために、食事に気を配り、散歩や運動で体 力をつけたり、趣味やレジャーを楽しみ、心身のリフレッシュを図るなどして「健康管理」 に努めることや車を運転する時の安全確認をはじめ、そのほか、「今日は雨模様(あめもよう) だから、傘を持って出かけよう」など、先々を予測して「安心や安全」を得るために、事前に対処することもレジリエンスの実践にほかなりません。

レジリエンスの概念の中で最も重要な「心が折れた状況を克服して、精神的に回復する」 には、①「すべての出来事やものごとは、起こるべくして起こった、成るべくして成った 当然の結果である」と解釈する「当然観」によって、状況をあるがまま受け入れ、心の落 ち込みをストップしなければならないということです。

同時に、②「ピンチはチャンス」と解釈する「両面観」をはたらかせ、プラスの意味や 価値を見出し、行動することで停滞した状況を変えていくという考え方を持つことが、「心 が折れない悩み方」を身につける「絶対条件」になります。

さらに、レジリエンスのもうひとつの側面である、心が折れる前に事前に予防するとか、 対処することで、心が折れない状況を維持するための方策として、日々の生活において、自己肯定観を高めて①「自信」をつけるとか、②「冷静な思考」や③「柔軟な思考」をは じめ、④「楽観的な思考」を身につけたり、さらに、人付き合いをはじめ、人間としての 基本的な力である⑤「人間力および人間関係力」や、問題の本質と正面から向き合って解 決する⑥「問題解決力」とは何か、を身につけます。

「究極(きゅうきょく)の悩み方」である「心が折れない悩み方」は、当然観や両面観を持 つことに加え、次の①~⑥の六つの力で「悩まない思考回路」をつくることで身につける ことができます。

MHPC