33.社会的自立へ向けて。
その 1・自己選択

❖社会的自立へ向けて。その ①・自己選択

自己選択(じこせんたく)・自己管理(じこかんり)・自己責任(じこせきにん)・自己処理(じこしょり)。

私たちは、社会という枠の中で不特定多数のさまざまな人と関わり、互いに協力し合っ て生きています。

しかし、社会生活においては他人をあてにしたり、誰かにすがって生きることはできな いため、自分ですべてを賄(まかな)う力、すなわち、自分の力で「餌(えさ)とねぐら」を確保 する力を持たなければなりません。

そこで求められるのが、あらゆる生活場面や状況の下(もと)で、自分で選択して、自分で 管理をする、そして、自分の責任として、自分で処理するという「自己選択」・「自己管理」・ 「自己責任」・「自己処理」の四つの力(自力)が必要になります。

人生という舞台(ぶたい)は、常に「自分が主役」であるため、そこは「自作自演(じさくじ えん)の場」として、自らシナリオを書いて(自ら「生き方」を考えて)、そのシナリオに従 い、自ら演じて(その生き方を「実践」し、喜劇(幸せな日々)にしなければなりません。

「人生は、自作自演の悲、喜劇である」と言いますが、たった一度の「かけがえのない 人生」、健やかで生きがいのある、幸せな明るい喜劇でなければなりません。
毎日が、つらい、苦しい悲劇であっては、甚(はなは)だ不幸です。

人生という「自作自演」の「時間の連続」を生きる私たちにとって、「自己選択」・「自己 管理」・「自己責任」・「自己処理」の四つの力のひとつでも「力不足(ちからぶそく)」があれ ば、たちまち不幸と隣り合わせで生きることになります。

人生は、 「自作自演の悲、喜劇だ」。 喜劇を演じて生きたけりゃ、 「自己選択」に「自己管理」、 「自己責任」で「自己処理」の、 四つの力を持てばいい。

人を頼って、あてにする、 「他人任(たにんまか)せ」の人生に、 喜劇はないと、思い知る。
「他力(たりき)」も確かに大事だが、 「自力(じりき)」に勝(まさ)るものはない!!

社会の中で自立する、 一人前の人間は、 四つの「自力」を身につけて、 ストレス、逆境、困難に、 打ち克ち、乗り越え、へこたれない、 元気で柔軟(じゅうなん)、しなやかな、 「折れない心」を持っている。

❖その 1・「自己選択」とは。

ところで、現代は情報化社会と言われ、膨大(ぼうだい)な数の情報が私たちの周(まわ)りに氾濫(はんらん)しています。

そうした中で、私たちは必要な情報を素早くキャッチして、生活に活(い)かさなければ ならず、そのためには、自分にとってその情報がほんとうに必要なものなのか、正しい情 報なのかを「選択」する必要があります。

しかも、選択することは「決断」することであり、「決断」するには、さまざまな角度か ら正しく「判断」する必要があります。

つまり、選択する経緯には、「判断して決断=選択する」という流れがあり、選択した結 果が正しいのか、そうでないかの「正誤(せいご)」の見極(みきわ)めは、「判断力」にかかっ ています。

世間には、情報にやたら過敏(かびん)に反応して、必要以上の情報を集め、選ぶのに迷っ たり、他人が選ぶ情報を鵜呑(うの)みにして後悔するなど、余計(よけい)な「悩み」を自らつ くって戸惑(とまど)う人がいますが、このような人に共通して言えるのは、ものごとを「冷 静に判断する思考力」が弱い、ということです。

「折れない心」を身につけるには、ものごとや出来事に対して、「こうすることは、その 先どうなるのか」と結果を予測したり、「判断に間違いがないか」とか、「真実(しんじつ)な のか」と確認する「疑(うたぐ)る」という「冷静さ」が必要です。

「良い計画を立てて、実行すれば成功する」という言葉がありますが、お粗末な「判断」 で「決断(選択)」して失敗するのは、あまりにも愚か過ぎます。

ですから、私たちはあらゆる情報に対し、「役に立つ情報か、そうでない情報か」「正し い情報か、偽(いつわ)りの情報か」または、「今すぐ必要な情報か、そうでないか」を冷静 に「判断」しながら、「決断」、「選択」するというプロセスを持たなければなりません。

「自己選択力」を高めるポイントは、冷静に「結果を予測する」と共に、即決即断(そっ けつそくだん)をしないで、一度「疑ってみる」という「心にゆとり」を持つことです。

❖社会的自立へ向けて。その ①・自己選択

自己選択(じこせんたく)・自己管理(じこかんり)・自己責任(じこせきにん)・自己処理(じこしょり)。

私たちは、社会という枠の中で不特定多数のさまざまな人と関わり、互いに協力し合っ て生きています。

しかし、社会生活においては他人をあてにしたり、誰かにすがって生きることはできな いため、自分ですべてを賄(まかな)う力、すなわち、自分の力で「餌(えさ)とねぐら」を確保 する力を持たなければなりません。

そこで求められるのが、あらゆる生活場面や状況の下(もと)で、自分で選択して、自分で 管理をする、そして、自分の責任として、自分で処理するという「自己選択」・「自己管理」・ 「自己責任」・「自己処理」の四つの力(自力)が必要になります。

人生という舞台(ぶたい)は、常に「自分が主役」であるため、そこは「自作自演(じさくじ えん)の場」として、自らシナリオを書いて(自ら「生き方」を考えて)、そのシナリオに従 い、自ら演じて(その生き方を「実践」し、喜劇(幸せな日々)にしなければなりません。

「人生は、自作自演の悲、喜劇である」と言いますが、たった一度の「かけがえのない 人生」、健やかで生きがいのある、幸せな明るい喜劇でなければなりません。
毎日が、つらい、苦しい悲劇であっては、甚(はなは)だ不幸です。

人生という「自作自演」の「時間の連続」を生きる私たちにとって、「自己選択」・「自己 管理」・「自己責任」・「自己処理」の四つの力のひとつでも「力不足(ちからぶそく)」があれ ば、たちまち不幸と隣り合わせで生きることになります。

人生は、 「自作自演の悲、喜劇だ」。 喜劇を演じて生きたけりゃ、 「自己選択」に「自己管理」、 「自己責任」で「自己処理」の、 四つの力を持てばいい。

人を頼って、あてにする、 「他人任(たにんまか)せ」の人生に、 喜劇はないと、思い知る。
「他力(たりき)」も確かに大事だが、 「自力(じりき)」に勝(まさ)るものはない!!

社会の中で自立する、 一人前の人間は、 四つの「自力」を身につけて、 ストレス、逆境、困難に、 打ち克ち、乗り越え、へこたれない、 元気で柔軟(じゅうなん)、しなやかな、 「折れない心」を持っている。

❖その 1・「自己選択」とは。

ところで、現代は情報化社会と言われ、膨大(ぼうだい)な数の情報が私たちの周(まわ)りに氾濫(はんらん)しています。

そうした中で、私たちは必要な情報を素早くキャッチして、生活に活(い)かさなければ ならず、そのためには、自分にとってその情報がほんとうに必要なものなのか、正しい情 報なのかを「選択」する必要があります。

しかも、選択することは「決断」することであり、「決断」するには、さまざまな角度か ら正しく「判断」する必要があります。

つまり、選択する経緯には、「判断して決断=選択する」という流れがあり、選択した結 果が正しいのか、そうでないかの「正誤(せいご)」の見極(みきわ)めは、「判断力」にかかっ ています。

世間には、情報にやたら過敏(かびん)に反応して、必要以上の情報を集め、選ぶのに迷っ たり、他人が選ぶ情報を鵜呑(うの)みにして後悔するなど、余計(よけい)な「悩み」を自らつ くって戸惑(とまど)う人がいますが、このような人に共通して言えるのは、ものごとを「冷 静に判断する思考力」が弱い、ということです。

「折れない心」を身につけるには、ものごとや出来事に対して、「こうすることは、その 先どうなるのか」と結果を予測したり、「判断に間違いがないか」とか、「真実(しんじつ)な のか」と確認する「疑(うたぐ)る」という「冷静さ」が必要です。

「良い計画を立てて、実行すれば成功する」という言葉がありますが、お粗末な「判断」 で「決断(選択)」して失敗するのは、あまりにも愚か過ぎます。

ですから、私たちはあらゆる情報に対し、「役に立つ情報か、そうでない情報か」「正し い情報か、偽(いつわ)りの情報か」または、「今すぐ必要な情報か、そうでないか」を冷静 に「判断」しながら、「決断」、「選択」するというプロセスを持たなければなりません。

「自己選択力」を高めるポイントは、冷静に「結果を予測する」と共に、即決即断(そっ けつそくだん)をしないで、一度「疑ってみる」という「心にゆとり」を持つことです。

MHPC