18.「場」という意味を考える。

「場(ば)」という意味を考える。

ここで言う「場」とは、人生という生活場面、つまり、社会全体であり、人との関わりの場であり、個々の生活環境など、あらゆる「場面」やその時々の「場合」を言います。

特に人生は、常にさまざまな人と出会い、関わり合う時間ですから、十分な「場慣(ばな) れ」をしていないと、「場違(ばちが)い」な言動によって、人に迷惑をかけたり、自分が苦 しむことになります。

「場違い」な言動をとる人は、無知であったり、間抜けであったり、その場の状況を正 しく把握(はあく)できないとか、冷静さが欠けていたり、性格的にせっかちで前後の見境(み さかい)がつかないとか、周囲やその場の状況に対する「心配りや気配り」ができないなど、 理由はいろいろ考えられます。

しかし、「場違い」な言動は、心掛けひとつで誰でもなくすことができます。 そのひとつの方法が、結果を予測することです。
「ちょっと待てよ」と「間(ま)」を置いて、その場の状況や雰囲気を把握するとか、「こ うすると、どうなるのだろう」とか、「果たしてこれで良いのだろうか」とその先の結果 を予測します。つまり、状況を「察(さっ)する」ことが必要です。

さらに、「場違いな行動」の一因(いちいん)として、「場馴(ばな)れ」をしていないことが考 えられます。

ちなみに、「馴(な)れる」ことは「慣(な)れる」ことであり、その場に「馴(な)じむ」とい う習慣を身につければ、人間関係の場だけでなく、「門前(もんぜん)の小僧(こぞう)、習(なら) わぬ経(きょう)を読む」ように、あらゆることに「慣(な)れて」いきます。

特に、人との関わりは、いろんな人との出会いを通して「人に馴(な)じむ」経験を積め ば、自ずと「人に慣(な)れる」ことができ、人付き合いの場で「場違い」な行動をなくすこ とができます。

かけがいのない一度の人生、「間違い」を重(かさ)ねたり、「場違い」な言動で墓穴(ぼけつ) を掘っては、甚(はなは)だ不幸です。

いわゆるこの世で、「場違(ばちが)い」な、 行動起こしている人は、 社会の規範(きはん)や常識が、 知らないわけではないだろが、 あらゆる場面や状況の、 その場に立つと雰囲気や、
前後の善(よ)し悪(あ)し、 読めなくて、 「一人芝居(ひとりしばい)」をするのです。

話す言葉の内容や、服装、しぐさ、態度など、

その「場(ば)」に合わない、馴染(なじ)まない、行動するのは「朝飯前(あさめしまえ)」。

それに輪(わ)をかけ、することは、 決着している問題を、 いとも平気で蒸(む)し返す。 藪(やぶ)を突(つつ)いて、 ヘビを出す。 「寝(ね)た子」起こして、 取り乱す。

「一体、どうしてそうするの?」、 何度聞いても、解(わか)らない。

ピンボケ、ちぐはぐ、頓珍漢(とんちんかん)、 「場違い」行動する人は、 「おバカ」と言うのを通り越し、 哀(あわ)れな人と言いましょう。

「場(ば)」という意味を考える。

ここで言う「場」とは、人生という生活場面、つまり、社会全体であり、人との関わりの場であり、個々の生活環境など、あらゆる「場面」やその時々の「場合」を言います。

特に人生は、常にさまざまな人と出会い、関わり合う時間ですから、十分な「場慣(ばな) れ」をしていないと、「場違(ばちが)い」な言動によって、人に迷惑をかけたり、自分が苦 しむことになります。

「場違い」な言動をとる人は、無知であったり、間抜けであったり、その場の状況を正 しく把握(はあく)できないとか、冷静さが欠けていたり、性格的にせっかちで前後の見境(み さかい)がつかないとか、周囲やその場の状況に対する「心配りや気配り」ができないなど、 理由はいろいろ考えられます。

しかし、「場違い」な言動は、心掛けひとつで誰でもなくすことができます。 そのひとつの方法が、結果を予測することです。
「ちょっと待てよ」と「間(ま)」を置いて、その場の状況や雰囲気を把握するとか、「こ うすると、どうなるのだろう」とか、「果たしてこれで良いのだろうか」とその先の結果 を予測します。つまり、状況を「察(さっ)する」ことが必要です。

さらに、「場違いな行動」の一因(いちいん)として、「場馴(ばな)れ」をしていないことが考 えられます。

ちなみに、「馴(な)れる」ことは「慣(な)れる」ことであり、その場に「馴(な)じむ」とい う習慣を身につければ、人間関係の場だけでなく、「門前(もんぜん)の小僧(こぞう)、習(なら) わぬ経(きょう)を読む」ように、あらゆることに「慣(な)れて」いきます。

特に、人との関わりは、いろんな人との出会いを通して「人に馴(な)じむ」経験を積め ば、自ずと「人に慣(な)れる」ことができ、人付き合いの場で「場違い」な行動をなくすこ とができます。

かけがいのない一度の人生、「間違い」を重(かさ)ねたり、「場違い」な言動で墓穴(ぼけつ) を掘っては、甚(はなは)だ不幸です。

いわゆるこの世で、「場違(ばちが)い」な、 行動起こしている人は、 社会の規範(きはん)や常識が、 知らないわけではないだろが、 あらゆる場面や状況の、 その場に立つと雰囲気や、
前後の善(よ)し悪(あ)し、 読めなくて、 「一人芝居(ひとりしばい)」をするのです。

話す言葉の内容や、服装、しぐさ、態度など、

その「場(ば)」に合わない、馴染(なじ)まない、行動するのは「朝飯前(あさめしまえ)」。

それに輪(わ)をかけ、することは、 決着している問題を、 いとも平気で蒸(む)し返す。 藪(やぶ)を突(つつ)いて、 ヘビを出す。 「寝(ね)た子」起こして、 取り乱す。

「一体、どうしてそうするの?」、 何度聞いても、解(わか)らない。

ピンボケ、ちぐはぐ、頓珍漢(とんちんかん)、 「場違い」行動する人は、 「おバカ」と言うのを通り越し、 哀(あわ)れな人と言いましょう。

MHPC