25.「形とルール」は、命を守る。

❖「形とルール」は、命(いのち)を守る。

自然界をはじめ私たち人間社会には、有形、無形を問わずさまざまなものが、さまざまに関係し、うまく機能(きのう)するための「形」と「ルール」があります。

特に、私たちが生きていく上で、「形」を整え、「ルール」を守るということは、私たち に適度な緊張を与え、姿勢や態度、心構えを改めさせ、能率や効率など生産性を高めると ともに、「安心と安全」をもたらし、何より、「命」を守ってくれます。

ところで、一般社会における「形とルール」は「法律」や「規則」であり、私たちが生 きていく上で守らなければならない「決まりごと」です。

また、個人的に身につける常識やマナー、道徳や倫理、礼儀作法をはじめ、地域の慣習 (かんしゅう)や風習(ふうしゅう)、慣例(かんれい)や「しきたり」などの「義理(ぎり)ごと」に加 え、「基本や原則」と言われるものも「形とルール」です。
ほかに、定説(ていせつ)や「一般的見解」も、もしかしたら「形とルール」に含まれるか もしれません。

では、日常生活での「形とルール」と言えば、結婚式や葬式には礼服を着用するように、 常識やマナーを守り、スポーツにはそのスポーツに適したユニホームを着用(ちゃくよう)し、 製造工場で働く社員は、ヘルメットや帽子(ぼうし)を被(かぶ)り、作業着を身につける必要 があります。

その理由は、「場違(ばちが)い」な行動や振る舞いを慎(つつし)むことで、能率や効率を高 めることは勿論(もちろん)のこと、事故やトラブルを未然(みぜん)に防(ふせ)ぎ、自らの安全 と安心を確保し、「命」を守ることにあります。

さらに、「形とルール」は、ユニフォームや作業着を着るなど目に見えるものだけでは なく、常識やマナーをはじめ、考え方や捉え方、見方や受け止め方など目に見えない「思 考面」にも、「形とルール」は存在します。

ところで、日常生活で基本的な生活リズムを守るように、私たちが「悩む」時にも、「悩 み方」という「形とルール」があります。

一般的に悩みを抱え、苦悩の日々を送っているような場合、悩みに向き合う「形」や、 悩みを解決するための「ルール」があるにもかかわらず、残念ながらほとんどの人は、悩 みが解決できないような「悩み方や向き合い方」をしています。

まず、思考面では「あの時、ああしていたら、こうしていれば」「こんなはずではなかった」と、現実をあるがままに受け入れることができず、グチを言い、後悔を繰り返してい ます。

また、生活面では、起きる時間に起きられないとか、昼夜逆転の生活をしたり、身なり や服装を整えず、食事もまちまちで「場当(ばあ)たり」的なだらしない生活を送っています。

このような生活を続けている限り、悩みを解決することはできません。

もし、悩みを速やかに解決したいのであれば、起きる時間に起きて悩む、食事をきちん と食(た)べて悩む、さらに服装や身だしなみを整えて悩みます。
つまり、悩みを抱えている時の「形」を整えます。

メンタルサプリ「心が折れない悩み方」には、あらゆる悩みを速やかに解決する「悩み 方」がありますが、特に、1「すべてのものごとや出来事は、起こるべくして起こった、 成るべくして成った当然の結果である」と解釈する「当然観」と、2「ピンチはチャンス」 と解釈する「両面観」によってプラスの意味や価値を見出し、行動することで状況を変え る、というふたつの観念に基づいて悩みを解決する、基本的な「悩み方のルール」を守ら なければなりません。

心の「風邪(かぜ)」をひく人は、 裸(はだか)で街を歩いてる。 まずは「衣(ころも)」を、 着(つ)けなさい。

「形とルール」の「衣」を着けて、 心の風邪を治しなさい。

明治から昭和期の詩人、小説家の島崎藤村(しまざきとうそん)は、「生きたくないと思った って、生きるだけ生きなけりゃなりません」と言っています。

しかも、生きていれば「悩み」はつきもので、誰ひとり、「悩まない」で生きることはで きないため、私たちが「悩み方を身につける」ということは、生きていくために必要な「ル ール」であると考えなければなりません。

世間には、「悩む時の形」や「悩み方のルール」を知らない人、または守らない人が余(あ ま)りにも多いため、自分が憂うつになり、他人を憂うつにさせて、つまらない人生を送っ ています。

さらに、「悩みごと」に限らず、私たちは日々の生活で関わるすべてに対し、「鶏(にわと り)が先か、卵(たまご)が先か」の問題ではなく、常に「形」を整え、「ルール」を守ること を最優先に考えなければなりません。

❖「形とルール」は、命(いのち)を守る。

自然界をはじめ私たち人間社会には、有形、無形を問わずさまざまなものが、さまざまに関係し、うまく機能(きのう)するための「形」と「ルール」があります。

特に、私たちが生きていく上で、「形」を整え、「ルール」を守るということは、私たち に適度な緊張を与え、姿勢や態度、心構えを改めさせ、能率や効率など生産性を高めると ともに、「安心と安全」をもたらし、何より、「命」を守ってくれます。

ところで、一般社会における「形とルール」は「法律」や「規則」であり、私たちが生 きていく上で守らなければならない「決まりごと」です。

また、個人的に身につける常識やマナー、道徳や倫理、礼儀作法をはじめ、地域の慣習 (かんしゅう)や風習(ふうしゅう)、慣例(かんれい)や「しきたり」などの「義理(ぎり)ごと」に加 え、「基本や原則」と言われるものも「形とルール」です。
ほかに、定説(ていせつ)や「一般的見解」も、もしかしたら「形とルール」に含まれるか もしれません。

では、日常生活での「形とルール」と言えば、結婚式や葬式には礼服を着用するように、 常識やマナーを守り、スポーツにはそのスポーツに適したユニホームを着用(ちゃくよう)し、 製造工場で働く社員は、ヘルメットや帽子(ぼうし)を被(かぶ)り、作業着を身につける必要 があります。

その理由は、「場違(ばちが)い」な行動や振る舞いを慎(つつし)むことで、能率や効率を高 めることは勿論(もちろん)のこと、事故やトラブルを未然(みぜん)に防(ふせ)ぎ、自らの安全 と安心を確保し、「命」を守ることにあります。

さらに、「形とルール」は、ユニフォームや作業着を着るなど目に見えるものだけでは なく、常識やマナーをはじめ、考え方や捉え方、見方や受け止め方など目に見えない「思 考面」にも、「形とルール」は存在します。

ところで、日常生活で基本的な生活リズムを守るように、私たちが「悩む」時にも、「悩 み方」という「形とルール」があります。

一般的に悩みを抱え、苦悩の日々を送っているような場合、悩みに向き合う「形」や、 悩みを解決するための「ルール」があるにもかかわらず、残念ながらほとんどの人は、悩 みが解決できないような「悩み方や向き合い方」をしています。

まず、思考面では「あの時、ああしていたら、こうしていれば」「こんなはずではなかった」と、現実をあるがままに受け入れることができず、グチを言い、後悔を繰り返してい ます。

また、生活面では、起きる時間に起きられないとか、昼夜逆転の生活をしたり、身なり や服装を整えず、食事もまちまちで「場当(ばあ)たり」的なだらしない生活を送っています。

このような生活を続けている限り、悩みを解決することはできません。

もし、悩みを速やかに解決したいのであれば、起きる時間に起きて悩む、食事をきちん と食(た)べて悩む、さらに服装や身だしなみを整えて悩みます。
つまり、悩みを抱えている時の「形」を整えます。

メンタルサプリ「心が折れない悩み方」には、あらゆる悩みを速やかに解決する「悩み 方」がありますが、特に、1「すべてのものごとや出来事は、起こるべくして起こった、 成るべくして成った当然の結果である」と解釈する「当然観」と、2「ピンチはチャンス」 と解釈する「両面観」によってプラスの意味や価値を見出し、行動することで状況を変え る、というふたつの観念に基づいて悩みを解決する、基本的な「悩み方のルール」を守ら なければなりません。

心の「風邪(かぜ)」をひく人は、 裸(はだか)で街を歩いてる。 まずは「衣(ころも)」を、 着(つ)けなさい。

「形とルール」の「衣」を着けて、 心の風邪を治しなさい。

明治から昭和期の詩人、小説家の島崎藤村(しまざきとうそん)は、「生きたくないと思った って、生きるだけ生きなけりゃなりません」と言っています。

しかも、生きていれば「悩み」はつきもので、誰ひとり、「悩まない」で生きることはで きないため、私たちが「悩み方を身につける」ということは、生きていくために必要な「ル ール」であると考えなければなりません。

世間には、「悩む時の形」や「悩み方のルール」を知らない人、または守らない人が余(あ ま)りにも多いため、自分が憂うつになり、他人を憂うつにさせて、つまらない人生を送っ ています。

さらに、「悩みごと」に限らず、私たちは日々の生活で関わるすべてに対し、「鶏(にわと り)が先か、卵(たまご)が先か」の問題ではなく、常に「形」を整え、「ルール」を守ること を最優先に考えなければなりません。

MHPC