克服事例、続々報告!!不登校ひきこもりを克服する「親の勉強会」好評開催中

子どもにとって「絶対的影響力」をもつ親の対応が早期解決を招きます。動けない子どもに代わって、まず親が率先して対処法を勉強しましょう。勉強会参加について、子どもに報告することはありません。親が一途に勉強する姿は、子どもにとって「自分の問題」を親が共有している姿であり、何より安心と信頼感を与えます。現在、仮にギクシャクした親子関係であれ、それは今日までのこと。何も心配はいりません。

子どもの不登校やひきこもりは親の対応次第で容易に解決できます。

子どもも親も「このままではいけない、何とかしなければ」と思いながら何故、今まで解決できなかったのか。その原因はどこにあったのでしょうか。それは、克服するための重要なポイントである、子どもが求める「何とか」の意味や目的が知らなかったのです。

そればかりか、子ども自身においても、自分が求める「何とか」の意味や目的があいまいなところに克服できない大きな理由があるのです。

「勉強会では、不登校やひきこもりの実態を徹底解明、基本的対処法に加え、個々の状況に合わせ具体的対処法を学びます。「こんなことが・・だから辛かったんだ!!」と思えるような「目から鱗」の対処法を数多く提案します。

不登校、ひきこもりの若者の自立支援歴44年の経験と実績。寄宿制フリースクールで「彼ら」との共同生活31年の経験をもつ「矢吹孝志」が親切に克服ポイントを教えます。

「勉強会」の概要は次のとおり。[形態]1泊2日の勉強会・親の交流会[定員]各回3~5名/家族単位の少数開催[会場]MHPC系列「NPO法人うつみね健康学園・研修、宿泊棟

開催日をはじめ。その他お問合わせや参加申し込みについては、024-944-0750またはinfo@mhpc.jpまでお気軽にご連絡ください。

info@mhpc.jpまでお気軽に